読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイワ クロノス 【商品レビュー】

こんばんは、tです!

2週間ほど前に、ダイワの「クロノス」という竿を買いました!

今日はそのクロノスを使ってみた感想を書きます!

こちらがクロノスの画像です!

f:id:fishinglife:20160926205147j:image

f:id:fishinglife:20160926205924j:image

f:id:fishinglife:20160926205153j:image

今年(2016)の3月に発売さればかりの竿なので、結構最近のモデルです!

アマゾンで13000円ぐらいで買いました!

ちなみに俺が買ったのはMLS(ミディアムライトの、スピニング)です!

 

まずこの竿、見た目がとにかくかっこいい!!

 値段の割に高級感があり、シンプルで大人っぽいかっこよさです。

個人的にスピニングよりベイトの方がかっこよさそう?笑

でもとにかくかっこいいです笑

まあ自分の買った竿だから余計かっこよく感じるってのもありますが、俺的には見た目は100点です。

 

そして次は竿を握った感想。

竿は比較的細めな感じがします。

細いので握りやすく、手が疲れません。

 

クロノスの自重は97gで、持ってみた感じも凄く軽く、何回キャストしても疲れを感じません。

 

次は竿の硬さです。

俺はMLを買ったのですが、MLにしては少し硬い感じがしました。

ティップ(竿の先)が柔らかく、ベリー(竿の中間)からバット(竿の根元)までが結構硬めになっている感じがします。

ベリーからバット部にかけてもうちょっと柔らかくても良いかなぁ。と思いましたが、ティップが柔らかくベリーからバットにかけて硬めになっている事で、フッキングが決まりやすい感じがしました。

 

柔らかい竿が欲しくて、ワームのノーシンカーや小型の軽いルアーしか投げないって人は、ULまたはLを買うことをおすすめします。

 

次はバスとのファイトですが、やはりベリーからバット部にかけて硬めになっているので、パワーがあり、MLでも20センチぐらいのバスなら難なく抜き上げられます。

 

また、sicガイド搭載により、ライントラブルの心配もありません。

【sicガイドとは、シリコンカーバイトの略で、表面がツルツルで熱を放射しやすく、軽いため、ラインが急激に引っ張られてガイドに擦れてもラインが傷つく心配がなく、摩擦による熱も一瞬で拡散するため、ラインが守られます】

 

見た目がかっこよく、値段も1万ちょいで、機能も抜群!

かなり良い竿だと思います!

という事で、今日はダイワのクロノス、商品レビューでした!

 

 

ハッピーメールバナー