読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲイリー4インチグラブ 使い方やおすすめカラー!

こんばんは!tです!

今日はおすすめのワーム紹介、ゲイリーヤマモトの4インチグラブです!

使い方やアクションも画像付きで分かりやすく解説!

 

f:id:fishinglife:20160804210413j:image

 

これはもう定番中の定番ワームです!笑

長年愛されて続けている不朽の名作ですね。

バス釣りをやってる人でゲイリーのグラブを知らない人はいない!(と思います笑) 

 

まずこのワームが置いてない釣具屋は無いと言っても良いでしょう。

それぐらい人気のあるワームです!

 

巻いてる時に水の中でテール(尻尾の部分)がくるくる回り、それが小魚の尻尾に見えるので、小魚が泳いでるのを演出できます。

 また、テールが水の中で回っ出る時に出る波動でバスを誘います。

 

ちなみこのゲイリーのグラブは、俺が小学校低学年の時に、初めてバス釣りをやって初めてバスを釣った時に使ったワームです!

 

【 グラブのおすすめの使い方やアクション】

画像付きで説明します。 

 

『テキサスリグ』

バレットシンカーという銃の弾のような形の重りを頭に付けて、オフセットフックという針にワームをセットすれば完成です!

f:id:fishinglife:20160824214258j:image

『テキサスリグ』は底を探るのにおすすめです。

 

アクションは、底をズル引き(底を引きずりながら巻く)や、ボトムパンピング(底をちょんちょん跳ねさせながら巻く)が良いです!

 

『ジグヘッドリグ』

最初から重りが頭に付いているジグヘッドという針に、ワームをセットすれば完成です!

f:id:fishinglife:20160824215003j:image

『ジグヘッドリグ 』は中層〜底を探るのにおすすめです。

 

アクションは、中層をただ巻きしたり、テキサスリグと同じような使い方で良いです!

 

『スプリットショットリグ』

オフセットフックにワームをセットして、ワームから15センチぐらいの位置にガン玉という玉の重りを付ければ完成です。

重りの位置は好みで調整してください。

f:id:fishinglife:20160824215343j:image

『スプリットショットリグ 』は表層〜中層を探るのにおすすめです。

重りからワームの位置に距離があるため、動きに違和感が無いのでバスに違和感を与えにくいです!

 

アクションは、中層をただ巻きしたり、ストップ&ゴー(巻いて、少し止めるの繰り返し)が良いです!

 

 ノーシンカー(重りを付けない)でただ巻きするだけでもよく釣れますよ(^ー^)ノ

 

 

2インチ、3インチ、6インチなど大きさも色々ありますが、どれがいいか分からない時はとりあえず4インチを買えばいいと思います!

大き過ぎず小さ過ぎずって感じで丁度いいので!

 

【価格、おすすめカラー】
1パック10本入りで800円前後です。

カラーは全部で89種類。

 

おすすめのカラーは、グリーンパンプキンやウォーターメロンです。 

グラブは主に小魚を演出するワームなので、あなたがよく行くフィールドにいる小魚に似たカラーをおすすめします!

 

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) ルアー 4インチ グラブ 40-10-031

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) ルアー 4インチ グラブ 40-10-031

 

 

 

ハッピーメールバナー